学術学会バックナンバー

第23回日本医学看護学教育学会学術学会

日時 平成25年3月10日(日)
会場 島根根県立中央病院
(島根県出雲市姫原4丁目1−1)
テーマ 「地域の医療を支える教育と臨床の融合」

第23回日本医学看護学教育学会学術学会のご案内

会頭:中山健吾(島根県立中央病院 病院長)

第23回日本医学看護学教育学会学術学会は島根県出雲市にある島根県立中央病院を会場として2013年3月10日に開催させていただきます。この出雲の地では2012年7月21日から約4か月間、古事記1300年を記念した一大イベント「神話博しまね」が開催されます。残念なことに学会が開催される時期にはすでに終了していますが、その主会場である県立古代出雲歴史博物館には銅剣、銅鐸、銅矛などの国宝が常設されています。また60年に一度の出雲大社大遷宮(2013年5月に完了)など当地は歴史、文化の深みのある地域です。周辺地域には水の都、城下町松江市(県庁所在地)、世界遺産の石見銀山遺跡やジオパークの候補地、隠岐の島など観光地もたくさんあり、またカニに代表される冬の「海の幸」を十分楽しめます。3月という年度末のあわただしい時期ではありますが、多くの皆さんの参加をお待ちしています。

今回のテーマは「地域の医療を支える教育と臨床の融合」とさせていただきました。昨年度の第22回大会(会頭 鳥取大学医学部保健学科 前田隆子教授)は「医療、教育、研究の融合」をテーマに開催されました。「医療、教育、研究の融合」が今なぜ求められているかを考えた時、この目的の一つが地域の医療を支える人材を育成する事であってほしいと願いテーマを設定しました。2011年3月11日の東日本大震災で改めて感じた事は生活、安全保障としての医療の重要性です。震災地域では医療の再生なくして地域社会の復興はありません。島根県においても西部地域や中山間地域の医療機関が深刻なマンパワー不足にあり、その地域住民が生活できる基盤が崩壊しつつあります。われわれが取り組んでいる医学看護学教育や臨床の成果は一部を除いて地域住民や患者に還元されるべきものだと考えます。今後益々このような視点を持った教育、臨床が求められると考え、今回のテーマを「地域の医療を支える教育と臨床の融合」としました。

学会のプログラムとして,島根県の医療担当参与であり全国自治体病院協議会副会長の中川正久前病院長に「島根県の地域医療の現状と展望」のテーマで特別講演を企画しました。会頭講演としては「医療の質」評価と病院からの積極的な情報発信についてお話しする予定です。病院事業は典型的な労働集約型産業であり、診療の品質を評価する尺度は「医療の質」です。医療スタッフのほとんどは国家資格を有する専門家ですので、専門知識や技術の習得に努めることは当然のことですが、その労働の成果としての「医療の質」については、専門性が高いため一般市民や患者さんが評価することは非常に難しいと思われます。だからこそわれわれ専門化集団は自ら進んで「医療の質」を臨床指標などの形で可視化(数値化)し、診療内容の透明性を高め、治療成績などを積極的に情報提供することが必要と感じています。会頭講演では当院での取り組みについて紹介できればと思っています。

学会で最も有益な事は会員の皆さんの日常の取り組みや経験、成果を発表していただき、討論することです。小さな学会であるメリットを生かして活発な討論、より本音の話ができればと期待しています。皆さんからの積極的な演題の応募と多くの方々の参加をお願い申し上げます。

特別講演

「島根県の地域医療の現状と展望」

講師:中川正久(島根県参与 病院事業管理者)

会頭講演

「未定」

講師:中山健吾(島根県立中央病院 病院長)

日程

平成25年3月9日(土)

  • 16:30-18:00 評議員会、理事会合同会議
  • 18:20- 懇親会

平成25年3月10日(日)

  • 8:30 受付
  • 9:00-9:20 会頭講演
  • 9:30-12:00 一般演題発表
  • 12:10-12:30 総会
  • 13:10-15:10 特別講演
  • 15:20 閉会

各種締め切り

  • 演題申込み・抄録締切り  平成24年12月21日(金) 期日の延長は行いません
  • 参加申込み締切り  平成25年2月22日(金)

一般演題の募集と発表について

医学看護学教育に関するもの、コミュニケーションに関するもの、医学看護、心理学、保健医療全般に関するもの等、幅広く一般演題を募集致します。

1)一般演題の申込と抄録の作成について

  • 筆頭演者は日本医学看護学教育学会の会員に限ります。会員でない方は、あらかじめ入会手続きをお済ませ下さい。
  • 「演題申込書」と「抄録」は、下記のE-mailへ添付にて学術学会事務局までお送りください。
    何か支障がありましたら学会事務局に問い合わせ願います。
    (「演題申込書」につきましては、演題申込フォームをご利用いただいても結構です。
  • 演題申し込み・抄録の申込締め切り:平成24年12月21日(金) 期日の延長は行いません。
    申し込み受領後7日以内に、E-mailまたはファックスにて受領のご連絡を致します。
    もし連絡が届かない場合には、学術学会事務局にご一報下さい。
  • ご応募いただいた演題については査読の上、採否を決定いたします。採否、発表形態は学術学会事務局にご一任下さい。また、一部抄録の訂正をお願いする場合もございます。平成25年1月18日(金)までに発表者にE-mailでご連絡致します。
  • 「演題申込書」で申込をされた方の「参加申込書」は不要です。
  • 抄録は「抄録の書き方(原稿見本)」に従い作成して下さい。

2)口頭発表について

  • 発表は座長により進行します。発表時間は10分間(発表7分、討論3分)の予定です。
  • パワーポイント(Windows版2010まで対応可能)が使用できます。(スライド、OHPは不可です)
  • パワーポイントで作成したデータは、フラッシュメモリに保存して「第23回日本医学看護学教育学会学術学会事務局」まで郵送して下さい。締切期日厳守でお願い致します。
    • パワーポイントデータの締め切り:平成25年3月1日(金)消印有効(締切日厳守)
    • 第23回日本医学看護学教育学会学術学会事務局
    • 〒693-8555 島根県出雲市姫原4丁目1−1 島根県立中央病院 看護局
  • 当日のパソコンの持ち込みはできません。
  • お送り頂いたフラッシュメモリは学会当日に受付で返却すると共に、コンピューター内のバックアップは責任を持って破棄致します。

3)示説発表について

  • 幅90cm、高さ180cmに収まるように掲示して下さい。
  • 発表は指定の時間にポスターの前にお立ちいただき参加者と意見交換していただく予定です。

参加申込(セミナー・懇親会・学術学会・昼食)について

  • 参加はどなたでもできます。
  • 「参加申込書」は、E-mail添付またはファックスにてお送り下さい。また、参加申込フォームもご利用いただけます。
  • 学術学会参加費は次の通りです。
    • 会員:2,000円
    • 非会員:3,000円
    • 学生・院生:1,000円
  • 懇親会の会費は5,000円です。希望者は「参加申込書」の"懇親会参加"の欄に○を付けて下さい。
    (懇親会会場:出雲ロイヤルホテル 18時30分〜)
  • 学術学会当日の昼食には、お弁当(500円)の事前申し込みを受けます(参加申し込み用紙)。
  • 抄録集は学会参加申し込みをされた方にお送りします(平成25年2月下旬の予定)。

*当日の学会参加も可能ですが、なるべく事前申し込みにご協力下さい。

学会参加費、懇親会費、弁当代の振込について

  • 学会参加、弁当、懇親会の申し込みをしていただいた方は振り込みをお願いいたします。
  • 振込は次の口座に、個人毎、平成25年2月28日(木)までに振り込んで下さい。
    • 山陰合同銀行 出雲支店 普通口座 No. 4096370
      第23回日本医学看護学教育学会 学術学会 代表者 松尾英子
  • 学術学会の当日に「振込受領」を持参して下さい。

学術学会に関するお問い合わせ

第23回日本医学看護学教育学会学術学会事務局

〒693-8555 島根県出雲市姫原4丁目1-1 島根県立中央病院 看護局
TEL:0853−30−6413
FAX:0853−21−2975
E-mail:yume.ns@spch.izumo.shimane.jp

学会入会についてのお問い合わせ

日本医学看護学教育学会事務局(吉田)

〒693-8501 島根県出雲市塩冶町89-1 島根大学医学部環境予防医学内
TEL:0853-20-2169
FAX:0853-20-2165
E-mail:yoshima7@med.shimane-u.ac.jp

学会会場ならびに宿泊について

出雲市へのアクセス

  • 東京から飛行機で約1時間20分
    • 連絡バスでJR出雲市駅下車(約30分)
  • 広島から高速バスで約3時間30分
  • 岡山からJRで約3時間30分
  • 鳥取からJRで約1時間30分

JR出雲市駅から学会会場へのアクセス

  • 徒歩約20分
  • タクシでー5分
  • 駐車場は、病院外来駐車場をご利用下さい(駐車は無料)。
  • 病院南側の時間外入口よりお入りください。

会場地図

地図
地図

Googleマップ

宿泊施設

宿泊のご予約は各自でお願い致します。

  • 当日は時間外入口よりお入り下さい。
  • 駐車場は外来駐車場を御利用下さい。

第23回日本医学看護学教育学会学術学会を終えて

学術学会会頭中山健吾(島根県立中央病院 病院長)

 第23回日本医学看護学教育学会学術学会は島根県出雲市にある島根県立中央病院を会場として2013年3月10日に開催されました。今大会のテーマは「地域の医療を支える教育と臨床」とし、特別講演では中川正久島根県病院事業管理者から「島根県の地域医療の現状と展望」が紹介されました。島根県だけでなく全国の多くの地域にある医療機関が深刻なマンパワー不足にあり、その地域住民が生活できる基盤が崩壊しつつあります。東日本大震災で被災した地域でも医療の再生なくして地域社会の復興はありません。われわれが携わっている医学看護学教育や臨床領域の成果は主として地域住民や患者に還元されるべきとの視点を持った教育、臨床が今後益々求められると考えます。

 学会当日は遠く関東や福岡、和歌山、広島などから104名の参加をいただきました。4会場で計37題の発表、活発な討論がなされました。主催者として心よりお礼を申し上げます。また今学会の総会では日本医学看護学教育学会の理事長が塩飽邦憲先生(現島根大学副学長)から山下一也先生(島根県立大学副学長)への交代が決定されました。またこれに伴い学会事務局も島根大学医学部環境予防医学内から島根県立大学出雲キャンパス内に移転しました。新体制での日本医学看護学教育学会のますますの発展が期待されます。

 出雲の地ではもうすぐ60年に一度の出雲大社大遷宮(2013年5月10日)が執り行われ、その後約1か月間は数々の催しが行われます。それに合わせて出雲大社の隣にある県立古代出雲歴史博物館では銅剣、銅鐸、銅矛などの国宝の常設と「出雲大社大遷宮」特別展が開催されています。また周辺地域には水の都、城下町松江市(県庁所在地)、世界遺産の石見銀山遺跡やジオパークの候補地、隠岐の島など観光地もたくさんあります。機会を見つけて是非島根県にお越しいただければ幸いです。

 次回の開催地は益田地域医療センター医師会病院&石見高等看護学院です。多くの皆様とお会いできることを楽しみにしております。

 最後に出雲の地での学会に多くの皆さんが参加いただいた事にお礼を申し上げるとともに、本学会のますますの発展と祈念いたします。